当店までのアクセス

沖縄マリンスポーツセンター
〒904-2306
沖縄県うるま市与那城安勢理62-1 1F 
※オキナワケン ウルマシ ヨナシロ アセリと読みます。
 
電話 & FAX : 098-923-4433
Email : info@okinawamarinesportscenter.jp

 
OPEN8:00~18:00CLOSE
メールでのお問い合わせやツアーご予約は24時間以内にご返信致します。
 
 
「沖縄マリンスポーツセンター」は沖縄本島・中部、東海岸にある与勝半島と藪地島の間に広がる屋慶名(やけな)海峡を望む展望台近くです。
展望台から見下ろす景色はまさに絶景で、深いエメラルドグリーンの海が印象的。
新沖縄35景にも選ばれていて、ロケーション派には特にオススメ。屋慶名は、沖縄の名物のひとつ「闘牛」でも有名な場所なので、日程を調べてそれに合わせて行ってみるのも一興。
また神の島である浜比嘉島をはじめ、平安座島、宮城島、伊計島、浮原島、南浮原島、津堅島など多くの離れ島や無人島が周辺に点在する。
 
主要観光地の海中道路からも目の前で、約5分で到着いたします!
 

アクセス方法

※基本的に送迎は行っておりませんが、ショップ近隣ホテルの方は無料送迎が可能な場合がございます。それ以外のホテルへご宿泊の方はメールにて一度ご相談下さい。
 
当店までは那覇空港より約1時間弱ほどです。
恩納村より40~50分程度、沖縄本島の東海岸側になります。
 
ナビ設定の際はスマートフォンのGoogleMAPアプリで
「沖縄マリンスポーツセンター」と入力すれば一瞬で設定完了です!
 
まずは東海岸海中道路方面へレッツゴー!
 
一般道
(那覇空港方面よりお越しのお客様)
国道58号線を進み、県道81号線、県道227号線、アワセベイストリート、県道33号線に入ってうるま市の県道37号線に向かう
 
(恩納村方面よりお越しのお客様)
国道58号線を進み、恩納南バイパス、県道6号線、国道329号線、県道36号線、県道33号線 に入ってうるま市 の 県道37号線に向かう
 
(名護方面よりお越しのお客様)
国道329号線、県道36号線、県道33号線 に入ってうるま市 の 県道37号線に向かう
 
高速利用
那覇空港より沖縄自動車道経由
那覇空港自動車道(無料区間) と 沖縄自動車道 を 沖縄市 登川(字) の 県道36号線 まで進み、
高速「沖縄北IC」で 沖縄自動車道 を出ます
 
県道36号線 を進み、そのまま県道37号線 に向かう
37号線沿いの坂道左側路面に当店が見えてきます。
 
また当日、道に迷われた場合はすぐにお電話下さい。

ショップ紹介

当店は新沖縄35景に選ばれた屋慶名海峡より1分です!絶好の立地もお楽しみ下さい。 無料駐車場完備の綺麗な店舗 県道の坂道にあります♪ 2017年新型モデルSEADOOの水上バイクです。もちろん新艇! 手作りの広いカウンターでお待ちしております。なんとプレステ4完備!講習で使用します! こちらも手作りのウッドソファ。まるでお洒落なカフェに来たみたいと好評。もちろんウェルカムドリンク1杯サービスです。 180cm以上ある方でも入れる大きな個室更衣室をご用意。こちらも手作りでアンティーク調に仕上げました。 広くて大きな鏡とお化粧直しに欠かせない明るいライトを設置した化粧台。次の目的地の為に、是非完璧なお支度をしてください。 大風量のドライヤー2機設置、また化粧水・乳液・めん棒、ウエットティッシュなどお支度に必要なものは全て無料。 お着替えも室内のロッカーにて保管いたします。ですので雨の日もご心配なく! 貴重品の心配やストレスなし!店内設置の鍵付きのロッカーでお帰りまでお預かり。現地の車の中に大金…不安すぎます。これでツアー中の心配もしなくてOK!

綺麗で清潔感を大事に、居心地の良いお店を目指し全て手作りでぬくもりを大事にしました。店内では受付や貴重品のお預かりやお着替えをしていただいたり、ウェイクスクールではマットを使用して陸での起き上がり方の練習、DVDによるツアー前の事前講習もモニター付きのカウンターで行います。
 
ツアー終了後は温水シャワーで塩抜き!メーカー品のシャンプー・トリートメント、ボディソープも完備。店内のパウダーコーナーにはドライヤー、大きな鏡、めん棒、化粧水もあり、明るいライトを設置しておりますのでゆっくりお化粧直しもできます。
これで次の目的地も一旦ホテルへ戻って…などのように気にせず移動できますね!
※全ての店舗様がそうではないのですが現地集合プランの多くは(港へ来て下さい・駐車場で待ち合わせです等)まず温水シャワーはありませんしまず有料です。水だけ浴びてトイレで着替える、、、がザラです。観光客だらけの場所で。
なのに元気な声でさようなら!またね!と言われてしまう事も多いでしょう。
実体験によって思ったことですが、お客さんとの繋がりを重視するからこそ、いい気分で帰ってほしい、帰っても写真を見返して、一番の思い出になったよね!!と笑い合って楽しんでほしい。また来年も沖縄を楽しんでほしい。
だからこそ、これが「当たり前のサービス」だと思い、それが沖縄マリンスポーツセンターのコンセプトのひとつでもあります。
もちろん、ツアー内容も充実しておりますよ~!
当店が選ばれるのはこういった細やかなサービスや女性へのケアが一つ理由にあるのかもしれません。どうぞごゆっくり他社様と比較・ご検討下さい。

近隣観光スポット一覧

・海中道路(かいちゅうどうろ)
当店から約車で3分!
うるま市HPより
沖縄本島(勝連半島)と平安座(へんざ)島を結ぶ海中道路。両側に海を眺める4.7キロの道は、まるで海の上を走っているような感覚に。車の窓を全開にすれば、潮風を全身で受けながら広大な太平洋を見渡せる。道は車で行ける人気の離島・浜比嘉島や伊計島に続いている。干潮時は、車を止めて砂浜をゆっくり散策するのがおすすめ。沖縄県の潮見表を確認しよう。海中道路の中央には特産品販売所やレストラン、地域の歴史や文化に関する資料館のある「海の駅あやはし館」があり、ドライブ休憩に最適だ。
 
・屋慶名海峡展望台(やけなかいきょうてんぼうだい)
当店から約車で1分!
本島と平安座島を結ぶ海中道路近くの、高台に設けられた展望台。
眼下に望む、本島と藪地島との間の屋慶名海峡が素晴らしい。
幅は狭いがエメラルドグリーンの海の色が鮮やかで、展望台からは海峡全体が見渡せるため人気スポットになっている。
 
・平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島の4つの離島
当店から約車で15分!
たびらい様より転載
古(いにしえ)からの伝統を引き継ぎながらも、新しさも受け入れる島の姿。神々が住む島に暮らす浜集落と比嘉集落
ホテル浜比嘉島リゾートができて以来、島には滞在型の観光客が増加。島のスポットもきれいに整備されつつあるが、その一方ではまだまだ昔からの伝統や行事が大切に継承されている。とくにこの島は琉球の始まりの地といわれ、その祖神アマミキヨとシネリキヨが住んだ場所としても知られる。子宝や五穀豊穣を願い、今も県内外から拝みに来る人が後を絶たないほど、パワースポットとしても人気だ。
 通称「ばま」と呼ばれる浜比嘉島は、浜比嘉大橋を渡って右側の浜集落と左側の比嘉集落から成る。いずれも昔ながらの赤瓦の家並みが残り、それゆえ映画の撮影地に使われるなど、よき沖縄の景色も魅力。
 
うるま市HPより
うるま市には海中道路を渡って車で行くことができる、平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島の4つの離島と、高速艇に乗って15分の距離に津堅島があります。
宮城島では、沖縄の海水を100%使用して世界初の特許製塩方法で最高の塩を作っているぬちまーす工場併設のレストラン「ぬちうなー」で食事を楽しめます。
いろいろな種類のお塩があり、お土産としても魅力的ですよ!時間があるなら、工場見学をしてみるのもいいですね。
また、ビュースポットとしては、宮城島と伊計島を結ぶ伊計大橋がおすすめです!橋の赤と、青い海が広がる鮮やかなコントラストをバックに感動的な記念写真を撮ってみましょう。
 
 
藪地島(やぶちじま)
当店から約車で5分!
沖縄本島中部、うるま市屋慶名地区にある藪地島。無人島。
沖縄本島の街中から、簡単な橋で渡れる島で、家があってもおかしくないような地形なのに、人が住んでいないのは何か訳でもあるのだろうか。
今は無人の島だけど、 300年前には集落があったという。
藪地島は、農耕の島として利用されている。
畑や海、そして草木以外は何もない島だから 時間がゆっくりと流れている。
【ジャネー洞】
藪地島の南端にジャネー洞(ヤブチ遺跡)がある。
洞窟の前には拝所もあって、とても神聖な雰囲気のする場所である。
この洞窟から、遺跡の土器が出土しており(ヤブチ式土器)、縄文時代草創期のものといわれている。
 
・津堅島(つけんじま)
当店からジェットスキーで20分!
沖縄本島に近い自然豊かな離れ小島の津堅島!
沖縄は160もの小さな島々があり、その中の一つがこの津堅島です。
津堅島は日帰り可能な沖縄本島に近い身近な離島です。別名「キャロットアイランド」とも呼ばれ、その名の通りニンジン畑が多くあり、味、品質共によく、沖縄本島のみならず、県外のホテル、レストラン等にも出荷されております。
そして、津堅島といえば自然豊かな青く澄み切った海と、人なつっこい魚も特徴的! シュノーケリングやダイビングをしていると、海の透明度と色鮮やかな魚達が自然と寄って来ます。真っ白な砂浜、夕暮れのサンセットと黄金色に輝いた海、夜の静寂に、輝く星空。
どれをとっても一級!
 
・安慶名闘牛場(あげなとうぎゅうじょう)
当店から車で20分!
沖縄県で「闘牛が最も盛んなまち」として知られているのが、うるま市です。
「闘牛」と聞くと「スペイン」を思い浮かべるかたも少なくありませんが、日本における「闘牛」はスペインのように人と牛が闘うのではなく、闘うという本能を残した牛同士を闘わせる競技です。円形の闘牛場のなかで繰り広げられる、重量1トン以上もある牛と牛のぶつかり合い。まるで格闘技を観るような気分が味わえる、迫力の勝負です。
沖縄では闘牛のことを「ウシオーラセー」と言い、大衆娯楽として親しまれています。
 
・勝連城跡(かつれんぐすくあと)
当店から車で10分!

15世紀、海外貿易により勝連に繁栄をもたらした阿麻和利が居城したとして有名な勝連城。
2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。
自然の断崖を利用した難攻不落の城と言われる勝連城ですが、その城壁は優雅な曲線を描き、
女性的な美しさを感じさせます。頂上に登ると東西に輝く青い海が一望できる沖縄有数の景勝地です。
また、勝連には県内最大のモズク生産量を誇る平敷屋漁港があります。
もずくは100gでわずか4kcal!ダイエットにぴったりの食材として最近注目を集めています。
 
・宇堅ビーチ(うけんびーち)
当店から車で25分!
キャンプコートニーのすぐ近くには、HYの曲名にもなっている「うけんビーチ」があります。
白い砂浜で透き通る海を眺めながらのバーベキュー。
沖縄ならではの海辺の楽しみを満喫してみませんか?

アクセス②

青の洞窟プランのみ下記へのご集合となります。

真栄田岬駐車場
沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1
場合により当店集合も可能です。その都度お問い合わせ下さい。